住まいのミニ知識

  • >
  • 住まいのミニ知識
  • >
  • 住まいに係る様々な制度
  • >
  • 長期優良住宅認定制度

住まいには、省エネ性能や長く住まう事に対する基準を設けたものなど様々な制度があります。
定められた基準をクリアして各制度の認定を受ける事で補助金や優遇措置を利用する事ができます。

長期優良住宅認定制度

長期優良住宅とは

日本の木造住宅の建て替え時の築年数は約30年で、欧米諸国と比べると日本の住宅の平均寿命は短いと言われています。
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2008年12月に公布され、2009年6月4日に施行されました。この法律は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた長期優良住宅の普及を促進するものです。
認定制度が設けられ、一定の認定基準をクリアすると長期優良住宅の認定を受ける事ができます。さらに、認定を受けた住宅は、税制優遇が受けられます。

認定基準
性能項目等 概要 認定等級 丸美D&Cの基準/対応
劣化対策 数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できる事。
通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置。
劣化等級3 劣化等級3
※最高等級
耐震性 極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図る事。大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置が講じられている事。 耐震等級2 耐震等級2又は3
※最高等級は3
維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられている事。 維持管理等級3 維持管理等級3
※最高等級
省エネルギー性 必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されている事。省エネ法に規定する平成11年省エネルギー基準(次世代省エネ基準)に適合する事。 省エネ等級4 省エネ等級4
※最高等級
可変性 居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられている事。
■共同住宅
将来の間取り変更に応じて、配管、配線のために必要な躯体天井高を確保する事。
-
バリアフリー性 将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されている事。
■共同住宅
共用廊下の幅員、共用階段の幅員・勾配等、エレベーターの開口幅等について必要なスペースを確保する事。
-
居住環境 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものである事。 -
住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有する事。
■一戸建ての住宅:75m²以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)
■共同住宅等:55m²以上(2人世帯の都市居住型誘導居住面積水準)
-
維持保全計画 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されている事。
10年以内ごとの点検実施・記帳
- 点検やメンテナンスの履歴を記帳し保存する必要があります。詳細はお問い合わせ下さい。

※詳細は国土交通省のウェブサイト 長期優良住宅法関連情報をご確認下さい。

耐震性

構造計算に基づくコンクリート強度チェック

※2点とも参考写真

省エネルギー性

外気に接する天井・壁・床などに断熱性の高い断熱材を使用。

※2点とも当社施工例(掲載の断熱材は一例です)

税制優遇

一般住宅に比べてさまざまな税制優遇が適応されます。

住宅ローン減税

一般住宅

居住開始 控除対象
限度額
控除率 控除期間 最大
控除額
2014年4月~ 4,000万円 1.0% 10年間 400万円

長期優良住宅

居住開始 控除対象
限度額
控除率 控除期間 最大
控除額
2014年4月~ 5,000万円 1.0% 10年間 500万円

不動産取得税
一般住宅 長期優良住宅
1,200万円控除 1,300万円控除
固定資産税
一般住宅 長期優良住宅
1~3年目
1/2軽減
1~5年目
1/2軽減
登録免許税(所有権保存登記)
一般住宅 長期優良住宅
0.15% 0.10%

住宅ローンの支援

フラット50

民間の金融機関でフラット50の適用が受けられます。

【フラット35】S(金利Aプラン)

フラット35Sにおいて、一定期間お借り入れ金利を引き下げる【フラット35】S(金利Aプラン)の対象となり、当初10年間は年0.3%の金利が引き下げられます。

※金融機関によっては、お取り扱いができない場合があります。
※お借り入れ金利は、お申し込み時ではなく、資金のお受け取り時点でのお借り入れ金利が適用されます。また、お借り入れ金利と融資手数料は各金融機関により異なります。
※詳細は各金融機関にお問い合わせ下さい。

〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通三丁目21番地  TEL:052-851-3516 FAX:052-851-6002

Copyright © 2017 MARUMI D&C. All Rights Reserved.